国内で携帯を借りるには

携帯

目的と期間を明確にしよう

日本国内で短期間携帯をレンタルするには、レンタル携帯業者に利用を申し込む必要があります。これらの業者は大手3社の携帯端末、タブレット、データ通信用のカードまでレンタルしていることがほとんどです。まず自分が必要とするサービスを明確に決めてから申し込みましょう。レンタル費用を抑える方法としては、一月単位で申し込むと一日あたりの費用は安くなるケースが多いようです。レンタル携帯といっても、業者が契約している大手3社の回線を使う端末を借りることになるので、国内で普通に携帯を使う場合の1ヶ月の料金よりは当然ながらかなり高くなります。期間や適用サービス次第ですが、国内の電話利用料金相場の2〜3倍となることが多いようです。借りる端末がいわゆるガラケーで、通話中心の使い方ならば、通話の基本料金中心に考えておけば大丈夫ですが、スマートフォンやタブレット、データ通信カードを使う場合は、料金に応じて送受信できるデータ量上限や速度に違いが出る場合もありますので、どのような用途に使うのか、その際のデータ量の目安をあらかじめ想定しておきましょう。簡単にまとめると、通話中心でよいならガラケーを借りればスマートフォンレンタルよりは安くできるでしょう。レンタル携帯業者によっては、同じ機種でも基本料金設定に差があったり、データ量が一定を越えるまでは一定額で利用できます。しかし、上限を超えた場合に追加料金を計上してくる場合もあるので、十分に注意しておきましょう。契約時に数千円程度の余剰金先払いを求めてくる場合もありますが、この場合は上限を超えずに済めば携帯電話の返却時に余剰金は返金されます。料金体系はレンタル携帯業者ごとに細かく異なるため、利用時は必ず業者に確認して、料金を細かく見積もってもらいましょう。時間の余裕があれば複数業者の条件を比較して決めるれば少しでも費用を抑えられるでしょう。

Copyright© 2018 【いつでも快適な通信】スマホとauひかりをセットで契約しよう All Rights Reserved.